おもちゃの車

ガラリと大胆にイメチェン可能【ハイエースカスタムを購入する】

いつまでも愛車を綺麗に

クルマ

綺麗を保つ方法とは

洗車してからお手入れをするのにカー用品の定番といえばワックスでしたが、近年ではコーティング剤が流行しています。ワックスは車自体はピカピカになりますが、汚れ防止や水弾き効果などの耐久性が短いのがネックでした。コーティング剤は基本的に効果が長続きすることが多く、施工すれば長期間洗車のみで輝きが持続するというメリットがあります。とても人気が高いコーティング剤ですが、大きく分けて二種類のタイプがあります。素人でも施工しやすいポリマータイプと、手間がかかり施工が難しいガラスタイプがあります。どちらも今までのワックスと比べて高価ですが、その分効果は抜群です。また近年ではカー用品店などでも様々なタイプのコーティング剤があり、自分で施工することで安く仕上げることもできるのでオススメです。

施工する際の注意点とは

人気が高く効果も期待できるコーティング剤ですが、きちんと施工しなければ綺麗に仕上がらず効果も落ちてしまいます。まず基本的には洗車を丁寧に行い、施工する際は風がなく日差しの強くない日を選ぶ必要があります。日差しや風を遮れる屋根があるガレージなどがあれば最適です。しっかりと洗車して車のボディが綺麗になればそのままでも大丈夫ですが、大抵の場合はタールやピッチの汚れや水垢などが残っており、そのままコーティング剤を塗ると汚くなってしまいます。よって重要なのがボディを磨き綺麗にする下地処理です。下地処理剤は研磨剤が入っているものなど様々なタイプがありますので、車のボディの状態を見極めてチョイスする必要があります。また下地処理を行うことによって、車が美しくなるだけでなく、コーティング剤のノリも良くなり長持ちするというメリットもあります。